設備部

自ら設計した器具や配線が現場で

形になるのを見ると感動を覚える

須藤 幸大
東京本店 設備部 設計積算グループ 
2016年入社 工学部卒

大勢の関係者の意見をまとめ、形にしていく難しさを実感

私が所属する設備部設計積算グループは、設計・施工案件の空調換気設備、給排水衛生設備、電気設備の設計・積算・施工管理を行う部署です。

その中にあって私は、照明やコンセント、通信、防災などの電気設備の設計を担当しています。お施主様や社内意匠・構造・空調衛生担当者と打合せを重ねながら設計をしていく仕事です。

お施主様から難しいご要望をいただき検討が必要な時や、大勢の人が関わる中でそれぞれの意見をまとめ上げて形にするのは簡単ではありませんが、自ら改善を加え提案した内容が受け入れられるとうれしく感じます。そして、図面で描いた器具や配線が実際に現場で設置、整線されている姿を見るととても感動を覚えます。

フレンドリーで風通しが良く、社員同士の交流も盛んな社風

研究室が環境設備系だったため、意匠・構造的・設備が連携して設計できるゼネコンの設備分野を志望していました。ナカノフドー建設に強く惹かれたのは、大学2年の時に参加したインターンシップがきっかけです。実際の現場を体験し、各部署の説明を受け、人事担当をはじめとする社員の人柄に触れたことで入社を決意しました。若いうちから国内・海外で活躍できることや、風通しの良い社風も魅力に感じました。

職場は良い意味でとてもフレンドリーで、分からないことがあったり、何か問題が発生した時も上司や先輩に相談しやすい雰囲気があります。

部署内のみならず他部署とも関わる機会が多く、社内行事やクラブ活動も盛んなので、社員同士で交流する機会も数多くあって、個人的にはこうした当社の企業風土がとても気に入っています。

一日の仕事の流れ

  • 8時00分頃出社
  • 8時30分頃メール確認
  • 9時00分頃設計図面作成修正
  • 12時00分頃昼食
  • 12時45分頃打合せで外出
  • 13時30分頃施主打合せ
  • 16時00分頃帰社、打合せ議事録作成
  • 17時15分頃翌日打合せ資料作成
  • 18時00分頃退社