工事部

緻密に立てた計画通りに事が運んだ時、

すべての苦労は喜びへと変わる

原井 威彦
東京本店 工事部 (所長) 
1999年入社 生産工学部卒

この仕事を選んでよかったと、竣工時の皆の笑顔を見て心から思う

建物を造る最前線の部署である工事部で、作業所長として担当する建物の施工管理を行っています。具体的にはお客様や設計事務所との打合せを行い、部下や協力会社の職人さんに指示を出し、現場の品質・原価・工程・安全を管理し運営していくのが主な役割です。

たくさんの人と協力しながら、着工から竣工までのすべての工程に関わり、一つの建物を造り上げていくことにとてもやりがいを感じています。そして竣工を迎えた時、お客様をはじめ工事に携わった方々の笑顔を見ると、この仕事を選んでよかったと心から思います。

我々は二つとないオーダーメイドの建物を造っているため、時には厳しい条件の現場もあります。それらの諸条件をすべて考慮した施工計画の立案は、難しいですがとても重要なことです。しかし緻密な施工計画を立ててその通りに事が運んだ時、それまでのすべての苦労は大きな喜びへと変わります。

社員同士の横のつながりが深く、風通しの良い職場環境

大学生の頃からスケールの大きな建物を造りたいと考えていたので、ゼネコンに絞って就職活動を行っていました。そして説明会や面接で当社の温かい雰囲気、人柄に触れていくうちに、ぜひこの会社で働きたいと強く思うようになって入社を決めました。

当社は若いうちから責任ある仕事を任せる社風があり、研修制度も充実しているため、やる気があればどんどんチャンスはめぐってきます。社内イベントの多さもあって社員同士の横のつながりが深く、職場の中が風通しの良い雰囲気なので、困ったことや分からないことはすぐ社内関係部署に相談できます。

現場で困難に直面しても社内が一丸となってサポートしてくれるので、この心強い環境に支えられながら、今後はどんな条件の現場でも柔軟に対応でき、所長として社内外から一目置かれる存在へと成長していきたいと思っています。

一日の仕事の流れ

  • 7時30分頃出社。朝礼前に今日の流れ・予定を再確認
  • 8時00分頃朝礼。社員・作業員全員参加で今日の作業について確認
  • 8時30分頃現場巡視。作業所内を廻って安全・工程・品質のチェック。危険な箇所・作業はないか、予定より遅れている作業や納まりがおかしなところはないかを部下・協力会社に確認
  • 10時00分頃事務所内業務
  • 12時00分頃昼食
  • 14時00分頃総合定例会議。お客様・設計事務所他関係業者を集めて打合せ
  • 17時00分頃社員打合せ。現場社員が集まって安全工程打合せ
  • 19時30分頃退社