工事部

現場で細やかな“気づき”を

発揮できるのが女性としての強み

福田 麗
東京本店 工事部 
2017年入社 生活科学部卒

自分が携わった建物が日々形になるのを見るのがやりがい

東京本店工事部で施工管理(現場監督)を担当しています。現場が工程通り進むよう、職人さんの安全を確保しながら品質の良い建物を建てるのが私の職務で、具体的には安全管理、施工写真の撮影による品質管理、協力業者さんとの打合せなどを行っています。

まだ一つの現場しか経験しておらず、竣工を迎えたことはないのですが、何もなかった真っさらな場所に、自分が携わった建物が日々形になっていくのを見ていると、面白さとやりがいを感じます。

現場の業務で男女差を感じるようなことはありません。いろいろと細かい所に気づくことができるという点では、かえって女性の方が強みを発揮できるように思います。

女性にとって働きやすい環境が整ったアットホームな職場

当社に興味を持ったのは、海外に力を入れている部分に魅力を感じ、大手ゼネコンとは違った面白さがあるように思えたからです。また、先輩女性社員の活躍ぶりが印象に残りました。

そして選考が進むにつれて社員の雰囲気の良さが感じられ、学生の立場を尊重してくれたり、いろいろと相談しやすい環境がある点にも惹かれて、最終的に入社を決意しました。

入社してみると、社風の良さは入社前にイメージしていた通りでした。仕事以外のイベントが充実しているせいか、社員同士はプライベートでも仲が良く、ONとOFFの切り替えもはっきりしています。先輩も時には優しく、時には厳しくといった感じで、質問や相談がし易いアットホームな雰囲気です。休みが取り易く、女性にとって働きやすい環境であることも魅力的です。

今後の目標としては、日々勉強の心構えで技術的な知識とスキルをもっと身に付け、職人さんとのコミュニケーションを大切にする現場監督になりたいと思っています。

一日の仕事の流れ

  • 7時30分頃出社
  • 8時20分頃朝礼
  • 8時30分頃現場で写真撮影、職人さんへ指示、監理者立ち合いの補助
  • 11時00分頃安全・工程会議
  • 12時00分頃昼食
  • 13時00分頃現場業務
  • 17時30分頃デスクワーク(書類関係・写真まとめ、次の日の段取り等)
  • 19時00分頃退社